カメラを売却する時にはカメラ本体に気を取られがちになりますが、カメラ本体ばかりに気を取られてしまっていては高額査定を目指すことはできません。確かに一番大切なのはカメラ本体になりますが、その他にも査定の評価をアップさせるのに重要なのが付属品の有無です。付属品は本体と一緒に持ち込んだ方が査定額が変わる可能性もあると言われているので、ここでは付属品の重要性について話します。

例えば標準でセットになっているカメラの電池や充電器など、これらは付属品としてついていますが、一般的に電池や充電器などがない状態で売却をすると買取価格が下がってしまう傾向があると言われています。見つからない場合は仕方ありませんが、電池や充電器もきちんと保管してあるという場合にはカメラ本体と一緒に持ち込むようにするといいでしょう。

また、標準装備されていない付属品がある場合はどうすればいいのかという質問も多いですが、例えばレンズなどがある場合はカメラ本体と一緒に持ち込むと価値があるものになるので、査定額はアップする可能性が高くなります。標準装備されていないものも基本的には状態が良ければ売れるので、付属品があるという場合には一応持ち込んだ方が後悔することはありません。

最後に、買取についてですが、宅配・出張・店頭買取があります。また、売りたいカメラ機器のお品物名、型番などお伝え頂くだけで事前査定をしているところもあります。調べる時には各専門業者のサイトで、カメラの買取をチェックしてみてください。