Archives

査定時の付属品の重要性

カメラを売却する時にはカメラ本体に気を取られがちになりますが、カメラ本体ばかりに気を取られてしまっていては高額査定を目指すことはできません。確かに一番大切なのはカメラ本体になりますが、その他にも査定の評価をアップさせるのに重要なのが付属品の有無です。付属品は本体と一緒に持ち込んだ方が査定額が変わる可能性もあると言われているので、ここでは付属品の重要性について話します。

例えば標準でセットになっているカメラの電池や充電器など、これらは付属品としてついていますが、一般的に電池や充電器などがない状態で売却をすると買取価格が下がってしまう傾向があると言われています。見つからない場合は仕方ありませんが、電池や充電器もきちんと保管してあるという場合にはカメラ本体と一緒に持ち込むようにするといいでしょう。

また、標準装備されていない付属品がある場合はどうすればいいのかという質問も多いですが、例えばレンズなどがある場合はカメラ本体と一緒に持ち込むと価値があるものになるので、査定額はアップする可能性が高くなります。標準装備されていないものも基本的には状態が良ければ売れるので、付属品があるという場合には一応持ち込んだ方が後悔することはありません。

最後に、買取についてですが、宅配・出張・店頭買取があります。また、売りたいカメラ機器のお品物名、型番などお伝え頂くだけで事前査定をしているところもあります。調べる時には各専門業者のサイトで、カメラの買取をチェックしてみてください。

高額査定を出すために日頃からやっておきたいこと

査定の際には様々なチェック項目が存在しており、それぞれのチェック項目で評価が低いと査定額も下がってしまいます。なるべく高額査定を目指したいと思っている方は多いのではないでしょうか。高額査定にするためには日頃から気を付けたいポイントがいくつかあるので紹介します。

まず日頃から気を付けたいポイントとしては保管方法です。カメラを保管する場所は人それぞれですが、中には温度変化が激しい場所や、湿気が溜まりやすい場所に保管している人もいるのではないでしょうか。温度の変化があるところや湿気が溜まりやすい場所はカメラの劣化に繋がる可能性があり、劣化すると高額査定になることはありません。できるだけ劣化させないためにも温度変化が少ないところや湿気が溜まりにくい場所を選んで保管するといいでしょう。

次に気を付けたいのが日頃のメンテナンスです。例えば埃などが溜まりすぎてしまうと内部に侵入して劣化に繋がる可能性がありますし、ゴミが付着してキズが付いてしまうこともあります。日頃から綺麗にしておくことが重要になるので、使用後は拭いたりして綺麗な状態を維持するようにしましょう。

このように、保管場所やメンテナンスを忘れなければ綺麗な状態で保管することができ、査定の評価もアップするでしょう。

カメラの買取査定の時にチェックされるポイント

不要になったカメラを処分したい時は買取店などに依頼をして査定をしてもらうのが一般的な方法ですが、査定によっては高額査定になる場合や、現金化することができないという場合もあります。査定は重要になりますが、実際に査定をする時に専門家はどのようなポイントをチェックしているのでしょうか。売る前には知っておきたいと思っている人も多いので、ここでは査定時にチェックされるポイントはどこかについて紹介します。

まず1つ目はファインダー内部です。これはカメラの覗き穴部分になりますが、ゴミが溜まっていたり、カビなどが生えていたりする場合には査定額が下がってしまうことがあります。ファインダー内部はカメラ機能として重要になるので査定時にはチェックされると考えておきましょう。

2つ目は液晶画面です。デジタルカメラなどには液晶画面が付いており、例えば液晶部分に光を当てるとキズなどが入っている場合や、画面が割れてしまっている場合には査定額が下がってしまうことがあります。特にデジカメではファインダー内部よりも液晶画面を見て撮影することも多いので、査定に大きく関わる部分になります。

その他にも3つ目はバッテリー室とカード室です。これも汚れや錆などをチェックすることになりますが、他にもフタが正常に動作するかなどもチェックします。

このように、査定時にチェックされるポイントはいくつかあります。他にも色々チェックされる部分はあるので、これから買取を依頼しようと思っている人は評価を下げないようにするためにも事前にチェックしておくといいでしょう。